2013年02月

2013年02月23日

訂正・・・

下記に書き込んだ雑貨屋さんで展示させていただく
「はやかわ まさあき<再会>」
の曜日が違っていました。
初日が金曜日ではなく土曜日です。

正しくは

 2013年3月2日
(土) 〜 31日(日) (火曜日定休)
となります。ご注意ください。





some_kumi at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月12日

「はやかわ まさあき 再会」・・・

来月、旦那の作品を少し展示する事になりました。
これは1年以上前から頼まれていた事。

これに対する答をずっと待っていて下さった友人のお店は、名古屋市千種区にある「雑貨屋 haycorns(えいこーんず)」さん。
このお店の一部のスペースを「プチ・ギャラリー」にして、一ヶ月交代でいろんな方に使ってもらうという事を始められた時に、一番最初に白羽の矢があたったのが彼の作品でした。
来月の3月で101回目を迎えるそうで、それを記念する意味もあって「彼の作品を……」と声をかけてくれて
ました。

いろいろ悩んだ末、今我が家にあるものだけでの展示をさせていただく事になりました。


     <はやかわ まさあき 再会>

 2013年3月2日(金) 〜 31日(日) (火曜日定休)
 月〜金 11時〜19時、土日祝 10時〜19時

 愛知県名古屋市千種区桜ヶ丘54
 雑貨屋 haycorns
 http://www.haycorns.net/


blog130212c

PR用の写真も撮りました。
この作品は、2004年に私たち夫婦も手伝う事になった期間限定の作家Shop&Gallery「K's space of Art of 場[Ba]」での最後の企画展に出品した彼の作品。
制作:はやかわ まさあき
   タイトル「イラスト・スタジオ」
Photo:Kumiko Hayakawa

今日12日は月命日。
私にとってはまだまだつらい作業なので、彼の作品が我が家以外で見られる事は当分ないと思う……。



some_kumi at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 作品展情報 

映画「カンタ!ティモール」・・・

今日は映画のお話・・・

念願の映画「カンタ!ティモール」・・・
運良く私の実家のある街のお寺でやっていて、気持ちも穏やかにして、やってこの映画を観る事ができました。

うーん、これはねぇ〜、私の意見も感想も、他の誰かの意見も感想も何もいれずに、この映画そのままを観て欲しい……そんな大切にしたい映画でした。
できる事なら自主上映を我が家でやって、みんなに来てもらいたいぐらい。
 

なので、この映画を観て感じる所はいっぱいあって、ホントはいろいろ言いたいんだけど、でもそれは私の主観が入ってしまうので、あえて真っ白な状態で観て欲しい。
もし、自分が主催するなら、ただこの映画を観るためだけの時間にしたい。
観た後にそれぞれがそれぞれに思ってくれれたらいい、そんな映画……。

一つだけ伝える事ができるとしたら、私はもうしょっぱなから泣いてました。
そして、それは最後まで……。
でも、この涙は、子供たちの笑顔と音楽と独立できた事への感動の涙、そしてもう一つは、もうそれは当事者でしか理解できない悲しい体験と現実に起った事へ の涙。
この映画ではその両方が入り交じっているので、だから私はずっと泣きっぱなしだったんです。

今の私は特に反応しやすいのかもしれませんね。
でも、何か大切なものを観て、感じる事はとても重要な事だと思いました。

参考までに「カンタ!ティモール」のHPはこちら


blog1302012a


blog1302012b

 




some_kumi at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の事 

2013年02月04日

Kumiko流・・・

今日は私の「落描き」のお話・・・

blog130204a

絵は現実世界と違って、白い紙に自分の思うまま、好きなように描ける。そこがいい所……。
そして私はいつも線を描きながら思う。
「そもそも線と線は繋がっていないといけないのか?」
そして、
「この紙の上では現実にないものを描いていいんだから、これでいいんだ。」
と思って、気のおもむくまま線を描いている。
これが Kumiko流 ・・・(笑)。


blog130204b

とはいえ、人間は何かを見た時に一瞬にしてそれを理解しようとするから、きっとこんな風につながらないモノばかりが集まってくると、見る人と絵との間に共通点がなくなってしまって、途端に興味のないものになっていくのかもしれない……とも思う。
自分だけの世界だったら「これはアリ」……なんだけどね。
作品って、そういうものなんだろうね。




some_kumi at 18:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 落描きいろいろ