2011年12月

2011年12月29日

チャレンジ・・・

アメリカの調査機関【Pew Reserch Center】の、携帯電話やSNS(ソーシャル・ネットワー キング・サービス)の利用に関する世界各国への調査結果の情報がありました。
その中で気になった情報が、「ドイツ・フランス・日本の3国は数少ない『ネット利用者でSNS未利用者の方が多い』国」なんだそうです。
(対象は21か国それぞれの18歳以上の大人に向けて直接相対・電話経由で2011年3月〜5月にかけて行われたもの。回答数は各国約 1000人(但し中国は3308人・インドは4029人)。)

日本の場合、まずネット未利用者が41%、そしてネット利用者のうちSNS(一般的にはFacebook。質問している国で主流のSNSを併記)を使っている人が25%、使ってない人が33%。
SNSを利用している人は日本ではまだまだ少ないということですね。
でも、SNSを利用しているかどうかという前に、日本はネットを利用している人がアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなどに比べるととても少ない。
このデータを見るとネット利用者:アメリカ83%、イギリス80%、ドイツ79%、フランス73%となってます。
対象が18未満も含めるとまたこの数値は変わってくるんでしょうね。

そんなわけで、今回とりあえずFacebookにトライ。
何事もチャレンジ。
使ってみて手に負えないようだったらその時はまた考えよう。


some_kumi at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の事 

2011年12月26日

ホワイトクリスマス・・・

blog111226a

25日の午前中から雪が降ったり、やんだり…。

blog111226b

そんな雪も、我が家の方では午後3時頃からずっと降り続き、

blog111226c

それは夜になってもやむことはなく、
夜中も深々と降り積もる雪……。
そして屋根の上も道路も一面銀世界。
文字通り、ホワイトクリスマス。

blog111226d

一夜明けてみればご覧の通り。
太陽も顔を出していたので雪もとけ始めています。
とはいえ、まだお昼をすぎた今でも雪は降ったりやんだり。

昨日は雪のため母の所は兄が行ってくれて一日お休み。
久しぶりに家から一歩も出ない一日でした。

そんな中、クリスマスメッセージやメールをくれた友人に感謝。
ありがとう!





some_kumi at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の事 

2011年12月24日

安納芋プリン

blog111224a


<簡単でおいしい安納芋(あんのういも)プリン>

この間の飲み会をした時に友人が鍋を作ってくれたんですが、その時の野菜がたくさん残っていて、しばらくそれを使ったメニューで過ごしてました。
一人だと食材もなかなか減らないんですね。

それ以外にも買ったままになってる食材とか、もらった果物とか、そんなものを少しずつ片付けています。
友人にもらったリンゴはシナモンスティックをいれてジャムにしました。
でも、またリンゴをもらってしまいました(苦笑)。

そして、今回プリンにした「安納芋」も安くなってたものを買ったものの、そのまま忘れてしまっていたもの。
「安納芋」は種子島で作られているさつまいもです。
ちょうどタイミングよくそれを使ったレシピがあったのでさっそく作ってみました。

簡単で美味しくて、そして材料もシンプル。
これはまた作ってみたいと思いました。

<作り方>
安納芋  約300g
卵    2個
牛乳   2カップ
さとう  大さじ2

1. 安納芋は皮をむいて適当な大きさにカットして水にさらす。
2. 水気をきり、耐熱容器にに並べてラップをし、電子レンジ(500w)で約6〜7分加熱する。
竹串を刺して柔らかくなったらそのまま置き、粗熱をとっておく。
3. ミキサーに2.、卵、牛乳、さとうを入れ、なめらかになるまで撹拌する。
(芋はちゃんと裏ごししたりするともっといいかも)
4. 3.をココットに八分目まで注ぎ入れる。
5. 4.を天板に並べ入れ、天板にぬるま湯を注ぎいれ、170℃のオーブン(下段)で25分程蒸し焼きにする。
6. メープルシロップや黒ごまをトッピングして出来上がり。

簡単そうでしょ。
鬼まんじゅうもそうだけど、私が出来たんだから、多分誰にでも美味しくできると思うな。

ちなみ今回私はさとうを三温糖を使ってみました。
安納芋は熱の加え方によってはかなり糖度があがるみたいなので、レンジでなくちゃんと蒸したりするとより一層さつまいもの甘みが出せるのかな?

芋のプリンは初チャレンジメニュー。
うちの旦那にも食べさせてあげたかった。






some_kumi at 04:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理